ジリジリと浴び続けた紫外線|老人性イボは自分で判断できません

女の人

プチ整形が人気

美容整形

多くの女性は小顔に憧れています。従来までは顔の大きさを変えるには骨を削らなければいけませんでした。そのためには大掛かりな手術が必要になり、高額な費用もかかります。しかし、最近では「プチ整形」というものが話題になっていて、小顔になるために大掛かりな手術を必要としない方法が流行っています。それはエラボトックスという方法で注射1本で小顔が実現するのです。このエラボトックスは骨を削るように自在に輪郭を変形できるわけではありませんが、筋肉が発達する顔のエラ部分をなくしシャープな形にしてくれます。そのため、エラボトックスは特に、ベース型の輪郭の人に効果を発揮する方法です。この方法は1度の施術から約1ヶ月かけて効果を発揮しおよそ半年から1年持続するのです。そして、効果が切れても以前より小顔になっていて、繰り返し5回ほど施術することにより半永久的に戻らなくなります。このようにエラボトックスは手術をしなくてもだんだんと自然に小顔になることが可能なのです。そのため、手術に抵抗がある人や周りの人に気づかれたくない人がこの方法を選択しています。エラボトックスの1回の施術時間は約10分で入院する必要はありません。さらに、術後に腫れたり痛んだりすることもないため、忙しく時間がない人にもピッタリの方法です。しかし、この方法は筋肉を麻痺させるので、人体に影響がでるか心配になる人もいるのではないでしょうか。しかし、エラボトックスは高い安全性をもつ施術の1つとして、長年多くの人が活用してきたものとして広がっています。